MPM worker

「リクエストの応答にスレッドを使うと、 プロセスベースのサーバよりも少ないシステム資源で、 多くのリクエストに応答することができます。 」ってことらしいので、worker – Apache HTTP サーバ を導入してみることにしました。

FreeBSD の場合、ports/www/apache22-worker-mpm/ があり、apache22 の代わりにこちらをインストール。
/usr/local/etc/apache22/httpd.conf

Include etc/apache22/extra/httpd-mpm.conf

を有効にし、/usr/local/etc/apache22/extra/httpd-mpm.conf の

<IfModule mpm_worker_module>
StartServers 2
MaxClients 150
MinSpareThreads 25
MaxSpareThreads 75
ThreadsPerChild 25
MaxRequestsPerChild 0
</IfModule>

を適当に調整して、apache を再起動すれば OK。

MPM worker” への1件のコメント
1 Ping/トラックバック のために "MPM worker"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*