postfix

以前から postfix を使っています。設定も使い回しですので、ご参考程度に。
ports/mail/postfix/ からインストールし、/etc/rc.conf に以下を追加。

postfix_enable="YES"
sendmail_enable="NO"
sendmail_submit_enable="NO"
sendmail_outbound_enable="NO"
sendmail_msp_queue_enable="NO"

インストール中に /etc/mail/mailer.conf は書き換えられます。

#
# Execute the Postfix sendmail program, named /usr/local/sbin/sendmail
#
sendmail        /usr/local/sbin/sendmail
send-mail       /usr/local/sbin/sendmail
mailq           /usr/local/sbin/sendmail
newaliases      /usr/local/sbin/sendmail

SMTP-AUTH のため、

# saslpasswd2 -u ホスト名 -c ユーザー名

パスワードの入力を求められます。これで /usr/local/etc/sasldb2.db が出来上がります。
続いて、/usr/local/etc/postfix/main.cf

smtpd_sasl_auth_enable = yes
smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks permit_sasl_authenticated reject_unauth_destination
data_directory = /var/db/postfix
smtpd_relay_restrictions = permit_mynetworks permit_sasl_authenticated defer_unauth_destination

を追加し、submission ポートを使うために、/usr/local/etc/postfix/master.cf にある

submission inet n       -       n       -       -       smtpd

のコメントを外しておきます。

postfix” への1件のコメント
1 Ping/トラックバック のために "postfix"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*