BIND9

DNS サーバは BIND9。/etc/namedb/ で、

# rndc-confgen -a

として、/etc/namedb/rndc.key を作成。/etc/namedb/rndc.conf を以下の内容で用意しておきます。

include "/etc/namedb/rndc.key";

options {
        default-key "rndc-key";
        default-server 127.0.0.1;
        default-port 953;
};

Server 127.0.0.1 {
        key "rndc-key";
};

/etc/namedb/named.conf を編集。

//      listen-on       { 127.0.0.1; };

をコメントアウトし、このドメインのゾーンファイルの設定などで下記を追加。

include "/etc/namedb/rndc.key";

zone "kncn.net" {
        type master;
        file "/etc/namedb/master/kncn.db";
        allow-transfer { xxx.xxx.xxx.xxx; yyy.yyy.yyy.yyy; };
        allow-query { any; };
};

xxx.xxx.xxx.xxx 及び、yyy.yyy.yyy.yyy はセカンダリDNSサーバのIPアドレス、Advanced DNS Management – Easy, web-based domain manager – ZoneEdit.com を使っています。
あとは、/etc/namedb/master/kncn.db にゾーンファイルを用意します。

$TTL    86400
@       IN      SOA     xxx.kncn.net. root.xxx.kncn.net. (
                        2013070904 ;serial
                        7200 ;refresh
                        7200 ;retry
                        604800 ;expire
                        86400 ;minimum
                        )
                IN NS xxx.kncn.net.
                IN NS nsxx.zoneedit.com.
                IN NS nsyy.zoneedit.com.
                IN MX 10 xxx.kncn.net.
                IN MX 20 mx.gmoserver.jp.

xxx.kncn.net.           IN      A       zzz.zzz.zzz.zzz
xxx.kncn.net.           IN      AAAA    2400:8500:1301:1051:zzz:zzz:zzz:zzz

kncn.net.       IN      TXT     "v=spf1 ip4:zzz.zzz.zzz.zzz ~all"

ns                      CNAME   xxx
smtp                    CNAME   xxx
imap                    CNAME   xxx
www                     CNAME   xxx
wp                      CNAME   xxx
webdav                  CNAME   xxx

太字の所は、適宜読み替えて下さいませ。

BIND9” への1件のコメント
1 Ping/トラックバック のために "BIND9"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*